2022年3月25日(金)

生活保護1271万円を特定の人物に不正支給していた44歳さいたま市元職員、不起訴に 理由は不明

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

 さいたま地検は24日、背任の疑いで書類送検されていたさいたま市桜区役所福祉課職員の元主査の男性(44)を同日付で不起訴処分にした。処分理由は明らかにしていない。

 男性は2020年4月〜21年1月、生活保護受給者の男性に17回にわたって計1271万円を不正に支給し、市に損害を与えたとして、2月16日に書類送検されていた。

購読申し込み 携帯サイト