2021年12月15日(水)

つらい…白血病4度再発も前向く男児、サンタになって入院する子たちにプレゼント 男児支えた親友と一緒に

クリスマスプレゼントを医師らに渡す清水優希君(左端)と小沢オリバー君(左から3人目)=11日午前、日高市山根の埼玉医科大学国際医療センター
プレゼントにメッセージカードを添えた清水優希君(右)と小沢オリバー君。普段はなかなか会えないが、漫才師のような掛け合いは健在だった=11日午前、日高市山根の埼玉医科大学国際医療センター

 今年もサンタクロースからひと足早いプレゼント―。11日、埼玉医科大学国際医療センター(日高市)で、かつて小児がんで同センターに入院していた、ともに小学6年の清水優希君(12)=さいたま市見沼区=と小沢オリバー君(12)=神奈川県茅ケ崎市=が入院中の子どもたちを勇気づけようとプレゼントを届けた。清水君は今年9月に白血病が4度目の再発となり現在闘病中。親友・小沢君の存在を励みに「今度こそ病気を治し、学校に行ったり友達と遊べる人間になってやる」と強い気持ちで病に立ち向かっている。

購読申し込み 携帯サイト