2021年4月26日(月)

<高校サッカー>正智深谷が4強、PK戦で浦和学院を退ける 浦和西、武南、西武台も準決勝に進出

浦和学院―正智深谷 PK戦を制し、喜ぶ正智深谷の選手たち
立教新座―武南 後半11分、武南の江川(左)がシュートを放つ

 (第4日、25日・埼玉工大グラウンドほか)

 準々決勝4試合が行われ、ベスト4が決定した。

 浦和西は松田の2ゴールなどで、本庄東に6―0で快勝。武南は桜井、小曽戸がゴールを奪い、立教新座を2―1で下した。西武台は市川が決勝点を挙げ、浦和南に1―0で勝利。正智深谷は浦和学院を1―1からのPK戦の末、退けた。

 準決勝は、浦和西―武南、西武台―正智深谷の顔合わせで行われ、勝者が関東大会(6月5〜7日・山梨)の出場権を獲得する。

購読申し込み 携帯サイト