2019年4月7日(日)

<統一地方選>さいたま市議選7日投開票 引退する政党所属議員の後継候補と現職が優勢 大勢判明いつ

候補者の最後の訴えを聞く支持者たち=6日午前、さいたま市見沼区 ※写真は一部加工しています。

 統一地方選挙の前半選となる埼玉県議選(52選挙区=定数93)とさいたま市議選(10選挙区=定数60)は7日、投開票される。地域の代表を選ぶ重要な選挙。有権者の審判に注目が集まる。投票は午前7時から午後8時。大勢判明は県議選が同日午後11時すぎ、同市議選は11時半すぎの見込み。候補者たちは選挙戦最終日の6日、医療・福祉政策の充実や子育て支援、地域経済の活性化などをテーマに、最後の訴えに声をからした。党の代表や上田清司知事も候補者の応援に入り、支持を呼び掛けた。

購読申し込み 携帯サイト