2022年2月24日(木)

水道代を値上げへ…埼玉・朝霞市、管老朽化で10%前後 24年ぶりの料金改定 負担軽減措置も

朝霞市、水道料金値上げへ 管老朽化で10%前後

 朝霞市は、水道管など老朽化した施設の更新事業を推進するため、水道料金と水道利用加入金を引き上げる料金改定を実施する。改定により、4人家族世帯の使用料は約9〜10%アップし、使用料と加入金の年間収益は計約2億2千万円の増加を見込んでいる。水道事業給水条例の一部改正案を22日開会の3月議会に提案しており、可決されれば、10月から施行される。市の水道使用料の改定は1998年以来、24年ぶり。同市によると、県内の自治体では川口市と熊谷市が2020年度、老朽管の更新などを理由に水道料金を改定しているという。

購読申し込み 携帯サイト