2022年2月24日(木)

全国の人気店が一堂に さいたま・けやきひろばで「焼き芋イベント」、27日の最終日グランプリに輝くのは

各店舗のブースではさまざまな種類の焼き芋やサツマイモ関連の商品を販売=22日午後、さいたま市中央区
焼き方などにこだわった自慢の焼き芋が勢ぞろい

 さいたま市中央区のさいたまスーパーアリーナけやきひろばで27日まで、サツマイモの魅力を広く発信しようと「さつまいも博」を開催している。全国の人気焼き芋店が一堂に集まる「全国やきいもグランプリ」をはじめ、さまざまなイベントを行う。

 同グランプリには、県内を含む全国の焼き芋店19店舗が参加。来場者の投票によってナンバーワン焼き芋店を決定し、27日に表彰式を行う。他にもサツマイモ生産者によるトークショーや、東大生を中心に活動する学生サークル「IMOPRОJECT」による「おいもクイズラリー」など、サツマイモづくしの内容となっている。

 22日にプレイベントが開催され、各店舗のブースが集まる販売会場には甘い香りが漂っていた。「べにはるか」や「シルクスイート」、「安納芋」をはじめ、さまざまな品種の各店舗こだわりの焼き芋が勢ぞろい。また、サツマイモを使ったスイーツや加工品なども販売され、来場者を楽しませていた。

 さつまいも博実行委員長を務める若林勇介さんは「サツマイモの品種や産地、焼き方によっても味が変わる。各店舗の焼き芋を食べ比べて、多様性を楽しんでもらいたい」と話していた。

 午前11時から午後7時(最終日は午後6時)まで。感染症対策として、会場は販売エリアと飲食エリアに分けられ、販売エリアには入場料(500円、優先入場料千円)が必要となる。混雑を防ぐため、販売エリアの滞在時間は1回につき2時間までとしている。

購読申し込み 携帯サイト