2021年12月5日(日)

環境基準の34倍、埼玉・川越の麦生川からジクロロメタン検出 さいたまの浄水場、基準値内だが高い数値

川越の麦生川からジクロロメタン検出

 県水環境課は4日、さいたま市桜区宿地内の県大久保浄水場や川越市古谷本郷地内の麦生川から有害物質「ジクロロメタン」が検出されたと発表した。

 県によると2日午後3時ごろ同浄水場の取水口から1リットル当たり0・0011ミリグラムが検出された。基準値(同0・02ミリグラム)内だが数値が高いことから、3日に荒川上流部や支流など複数地点で調査。同支流の麦生川の古谷樋管から環境基準の34倍のジクロロメタンが検出された。

 現時点では水道水に影響はなく、周辺住民の健康被害や魚類への影響は確認されていないという。今後、川越市が中心となって原因などを含め調査を進める。

購読申し込み 携帯サイト