2021年11月25日(木)

ガソリン代の安さが全国屈指の埼玉、「石油放出」で今後どうなる 「価格に敏感」な埼玉県民、見直しも?

石油放出「影響限定的か」 県石油業協同組合

 岸田文雄首相は24日、原油高抑制のため、米国と協調し石油の国家備蓄の一部を放出する考えを表明した。放出量は国内消費量の2、3日分に相当する数十万キロリットルとする。価格抑制を目的とした放出は初めて。米国からの要請を受け、主要消費国の中国や英国、韓国、インドも足並みをそろえる見通しだが、投資家には効果を疑問視する見方があり、東京の原油先物市場は24日大幅に上昇した。

購読申し込み 携帯サイト