2021年11月21日(日)

コロナ禍で東京から埼玉への転入増 ドーナツ化顕著 都心へのアクセス、手頃な住宅価格がつながったか

県内市区町村の転出転入超過率。県統計課調べにより作成。昨年8月から今年7月までの転入と転出の差を、昨年8月1日の人口で割った。人口が少ない町村では、数字の変動が大きくなるという
倉橋透教授

 コロナ禍で東京都からの「転出超過」が続いている。総務省が発表した9月の人口移動報告(外国人含む)によると、東京都からの転出者が転入者を3533人上回り、5カ月連続で「転出超過」となった。コロナ禍の人口移動について、都市整備や住環境に詳しい獨協大学(草加市)経済学部長の倉橋透教授が、埼玉県内の市区町村別の転出転入状況を調査したところ、県央部を中心に転入超過率が高くなったことが分かった。東京23区内では住宅価格が上がり、テレワークの普及に伴うドーナツ化現象が見られ、県内への転入につながったと分析している。

購読申し込み 携帯サイト