2021年5月20日(木)

<新型コロナ>抗議が…ワクチン接種の町長に埼玉県知事が見解示す 高齢者接種の前倒し呼び掛け

新型コロナワクチン高齢者接種の前倒し、埼玉県知事が呼び掛け

 県は19日、町村長会議(石木戸道也会長)を開催し、新型コロナウイルス感染症対策などについて議論した。大野元裕知事は高齢者向けワクチン接種について「医療従事者接種のペースを早めるよう働き掛けているところであり、(高齢者接種も)前倒しをお願いしたい」と述べ、接種券の発送と合わせ早急に実施するよう呼び掛けた。

 ビデオ会議システムによる会議で、花輪利一郎寄居町長は自身や職員を、接種に携わる医療従事者と考え接種を行ったことで抗議が寄せられているとし、「マンパワーの乏しい町では町を挙げ接種事業に取り組まなければいけないと考えたが、間違っているのか」と見解を求めた。知事は「接種に従事しているなら当てはまる」との見方を示した。

 山下博一上里町長は「医師や看護師が不足し、高齢者接種完了が8月中となる見込みだ」と説明。知事は「県看護協会に潜在看護師の派遣を含めて取り組んでもらっている。医師の指導の下でなら看護師の接種も可能だ」と説明した。

 また県は同日夜、新型コロナウイルス対策に関する専門家会議を開催し、変異株の影響や期限まで残り約10日となったまん延防止措置などについて議論した。

購読申し込み 携帯サイト