2020年12月21日(月)

<新型コロナ>感染症対策で仕事ない…生活困窮者を支援、朝霞市が年末年始も相談窓口 食事など対応も

朝霞市役所=埼玉県朝霞市本町

 埼玉県の朝霞市は29日から31日までの3日間、新型コロナウイルス感染症対策などにより生活が困窮する世帯を支援するため、相談に応じる臨時窓口を開設する。

 年末を控えて、同感染症対策に絡み、仕事がなくなったり、給与が減るなどの相談に応じて、関係機関を紹介するほか、食事の提供や宿泊所の案内など緊急時の対応も行う。

 市によると、生活困窮に関する相談は昨年度1年間の約560件に対して、本年度は10月までの7カ月間で3倍の約1670件にのぼった。このうち、コロナ対策関連の相談は1430件で8割以上を占めた。休業に追い込まれた飲食店やトレーニングジムの従業員、中国系の通訳者などの失業や減給などがあった。

 こうした状況を踏まえ、年末年始の閉庁後も生活困窮者を支援しようと、臨時窓口の設置に踏み切った。窓口は同市庁舎1階福祉部に開設し、午前10時から午後3時まで、市職員が対応する。

 市福祉相談課は「生活困窮支援手続きの案内や生活保護の申請受け付けなどを実施するほか、その日の食べ物や寝泊まりするところがない場合は、レトルト食品を提供したり、無料低額宿泊所などの紹介も行う」と話している。

購読申し込み 携帯サイト