2020年7月24日(金)

アニメと三峯神社がコラボ、プレミアム振興券を発売 書き下ろしイラスト使用、秩父の企画会社が発売

秩父アニメ3部作と三峯神社がコラボしたプレミアム振興券(MIC提供)

 秩父市中町の企画会社「MIC」は、秩父を舞台にしたアニメ3部作「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)、「心が叫びたがってるんだ。」(ここさけ)、「空の青さを知る人よ」(空青)と同市三峰の三峯神社がコラボしたプレミアム振興券(ATICA)の発売を8月1日から開始する。

 ATICAはアニメファンと地域との交流を目的とした地域振興券で、アニメ好きの有志が集まって起業した同社のオリジナル企画。第9弾の今回は、雪が残る三峯神社であの花やここさけ、空青の登場人物がみこになって祭事の手伝いをするというコンセプトで、秩父オリジナルの書き下ろしイラストを使用した。

 振興券は1枚1100円。市内にある秩父地域地場産業振興センターをはじめ、道の駅ちちぶやみふね、ほっとすぽっと秩父館、三峯神社興雲閣で購入できる。市内の協賛店で千円分の買い物券として利用でき、購入者には同じ絵柄で非売品のポストカードも贈呈する。発売期間と有効期限は来年1月31日まで。

 振興券の発売に合わせ、振興券が購入できる場所や一部の協賛店では、新規書き下ろしイラストを用いたクリアファイルやポスター、缶バッジも販売する。

 問い合わせは、同社(電話0494・22・9030)へ。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み