2020年7月15日(水)

ホストクラブ通う女性空士長を処分…空自入間基地 高額の飲食代を支払えず、ホストに指示され携帯電話渡す

航空自衛隊入間基地=狭山市稲荷山

 航空自衛隊入間基地(狭山市)は14日、携帯電話を第三者に譲渡する目的で契約したとして、同基地航空救難団所属の20代の女性空士長を停職5日の懲戒処分にしたと発表した。

 同基地によると、空士長は2017年2〜3月にかけて東京都豊島区のホストクラブに通い、高額の飲食代を請求され支払えなくなると、ホストに携帯電話を契約するように指示された。4月15日、携帯電話会社で第三者に譲渡する目的で契約し、ホストクラブ従業員に携帯電話を渡していた。空士長はさいたま地検に書類送検され、同年10月に不起訴処分になった。

購読申し込み 携帯サイト