2020年6月13日(土)

クレヨンしんちゃん、感染防止呼び掛け 春日部の児童センターでマスク姿に「いっしょにマスクするゾ」

マスクを着用し感染予防を呼び掛けるクレヨンしんちゃん=(市提供)=(C)臼井儀人/双葉社・シンエイ・テレビ朝日・ADK

 「いっしょにマスクするゾ」ー。学校や児童センターなど公共施設が再開する中、春日部市を舞台にした人気アニメ「クレヨンしんちゃん」がマスク姿で感染防止を呼び掛ける。

 市内の児童センター3館が週明け15日から開館。利用時間、人数を制限し、子どもを受け入れる。うち第1児童センター「エンゼル・ドーム」(同市牛島)では、館内に設置されたしんちゃんや春日部防衛隊のモニュメントがマスクを着用し感染予防をPRする。

 開館に向けスタッフがモニュメントのサイズに合わせ大きめの布マスクを作成。窒息や熱中症など、乳児の着用が危険視されており、しんちゃんの妹ひまわりはあえてマスクを着用しないという。

 市こども政策課は「暑さが増し、マスクを嫌がる子どももいる中、しんちゃんといっしょにみんなでマスクを着用し、感染予防に協力して欲しい」としている。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み