2020年4月30日(木)

ももクロ&ふわっぴーのLINEスタンプ販売 ふわっぴーは富士見キャラ ももクロコラボスタンプは全国初

富士見市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」とももいろクローバーZがコラボしたLINEスタンプ(同市提供)

 富士見市の魅力づくりなどに取り組む市民団体「富士見市地域活性化研究会(ふじみ☆ラボ)」(浅見隆広会長)は、人気アイドルグループ「ももいろクローバーZ」(ももクロ)と、市のマスコットキャラクター「ふわっぴー」がコラボした無料通話アプリ「LINE」スタンプの販売を開始した。自治体のキャラクターとももクロがコラボしたLINEスタンプの販売は全国初。

 イラストは「ふわっぴー」の作者である石田裕子さんが担当。日常の挨拶やメンバーの名言などを使ったオリジナルスタンプ全16種類が楽しめる。

 富士見市とももクロの交流は2017年4月、富士見市第2運動公園で開催したコンサート「ももクロ春の一大事2017in富士見市」が切っ掛け。18年4月からは市の特別PR大使を委嘱している。

 価格は1セット120円(税込み)。売上の一部は、東日本大震災被災地復興支援に活用される。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み