2020年4月28日(火)

<新型コロナ>デジタル授業、5月11日から開始 さいたまの全小中学校の生徒10万人対象

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

 新型コロナウイルスの影響で、さいたま市立学校の臨時休校が続いている中、市教育委員会は27日、全小中学校の児童生徒約10万人を対象にしたデジタル授業を5月11日から実施すると明らかにした。子どもたちは時間割表に基づいて、教諭らの作製した動画をインターネット上で見て授業に参加する。5月末までを予定しているが、休校が継続されれば、その後は1カ月ごとに検討するとしている。

購読申し込み 携帯サイト