2020年4月14日(火)

<新型肺炎>さいたま市保健所長、PCR検査の対象選定を「病院あふれるの嫌で厳しめにした」…機器導入へ

さいたま市役所=埼玉県さいたま市浦和区常盤

 さいたま市の保健所長が新型コロナウイルス感染の有無を調べるPCR検査の対象選定を「厳しめにやっていた」と発言したことについて、清水勇人市長は13日、「誤解を招くような表現で市民の信頼を欠くことにつながり、おわび申し上げたい」と謝罪した。保健所長に厳重注意を行ったという。

 市保健所では県の基準に沿い、3台のPCR機器を使って検査している。新型コロナウイルス専用に稼働してるのは1台のみで、市は今後、早急にPCR機器を導入し、検査体制の充実を図るという。

 感染者の増加が予想されることから、清水市長は「今後は民間の検査機関とも連携し、必要な検査がしっかりできるようしていきたい」と話した。

 保健所長は10日、2月から開始した市のPCR検査が今月9日まで171件にとどまっていることについて、「病院があふれるのが嫌で(検査対象の選定を)厳しめにやっていた」と発言していた。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み