2020年4月11日(土)

<川口いじめ>被害者母親、市民団体を立ち上げ 実名公表で真実、実態伝える「幅広く改善につなげたい」

記者会見で市民団体の概要を説明する森田志歩さん(左)=10日午後、川口市内

 川口市内の中学校でいじめ被害に遭った息子が自傷行為や不登校になったのは学校や市教委の不適切な対応が原因だったとして、市を相手に訴訟を起こしている母親の森田志歩さんが市民団体「Prоtect Children〜えいえん乃えがお」を立ち上げた。会員は川口市民約10人で、同じ悩みを抱えた保護者や問題を共有する人たち。子どもたちの抱える問題について、弁護士や教育者などさまざまな知見で外部の応援を求めながら改善に取り組む。

購読申し込み 携帯サイト