2020年4月5日(日)

天国の歌声を全国にリリース JR熊谷駅でアーティスト事故死…未完成の遺作音源、音楽仲間らがCD化

2018年10月、熊谷市内で開かれた音楽イベントで歌う井田祐也さん(モルタルレコード提供)
山崎育宏さん(左)、榎本聖貴さんら井田さんの音楽仲間が遺志を継ぎ、全国リリースされる「topaz」の新曲CD「これから/光の中で」

 2月14日、熊谷市のJR熊谷駅のホーム下で、3日前から行方不明になっていた男性が変わり果てた姿で発見された。深谷市を中心に活動していたシンガーソングライター「topaz(トパーズ)」こと井田祐也さん(33)=さいたま市浦和区。2曲の新曲「これから/光の中で」の完成を目前に控えた中で起きた不慮の事故だった。「井田祐也の歌声を、topazの音楽をたくさんの人に届けたい」。井田さんが亡くなる直前まで夢を語り合った音楽仲間らが集まり、遺作の音源をCD化。今月22日、生前の目標だった全国リリースを果たす。

購読申し込み 携帯サイト