2020年2月29日(土)

重さ500キロの鉄板2枚、重機から落下 誘導作業中の男性、頭に当たり搬送先で死亡/深谷

寄居署=寄居町桜沢

 28日午前7時半ごろ、深谷市本田の路上で、久喜市吉羽5丁目、アルバイト菊原尚人さん(24)が、重機の誘導作業中に落下してきた鉄板が頭に当たり、搬送先の病院で死亡が確認された。

 寄居署によると、菊原さんは鉄板をつり下げたショベルカーの誘導をしていた。地上2・5メートルから落下した鉄板は縦3・1メートル、横1・5メートル、厚さ2センチ、重さ500キロ。ショベルカーは2枚の鉄板を運んでおり、バケットとアームの部分に挟んでいた鉄板が落ちたという。同署で事故原因を調べている。

購読申し込み 携帯サイト