2020年1月30日(木)

訪れてみたい日本のアニメ聖地、3年連続で秩父市と横瀬町が認定 市長「さらにアニメのまち推進へ」

鈴木則道専務理事(右)から「アニメ聖地88認定プレート」と「御朱印スタンプ」を贈呈された久喜邦康市長(中央)と赤岩利行課長=29日午前、秩父市役所

 国内外のアニメファンの投票を参考に選んだ「訪れてみたい日本のアニメ聖地88」(アニメツーリズム協会主催)の認定プレート贈呈式が29日、秩父市役所で行われ、同協会の鈴木則道専務理事から久喜邦康市長と横瀬町振興課の赤岩利行課長に「アニメ聖地88認定プレート」と「御朱印スタンプ」が贈呈された。

 アニメ「あの日見た花の名前を僕達はまだ知らない。」(あの花)で市、「心が叫びたがってるんだ。」(ここさけ)で市と町が3年連続で選出された。

 認定プレートと御朱印スタンプはあの花が同市宮側町のほっとすぽっと秩父館、ここさけが西武秩父駅前の秩父観光情報館と横瀬駅前の横瀬町観光案内所に設置。聖地を訪れるファンが楽しめるイベントなどに活用する。

 鈴木専務理事は「秩父市や横瀬町の魅力を発信し、観光振興に努めてもらえれば」と語った。久喜市長は「大変うれしい。さらにアニメのまちを推進していきたい」と話していた。

購読申し込み 携帯サイト