2019年10月7日(月)

3歳で小児がん発症の小6男児、自作の絵本を治療を受けた病院に レモネードスタンドでも披露する予定

絵本を受け取った武久秀夫さん(左)と談笑する栄島四郎君=日高市の埼玉医科大国際医療センター
絵本「ぼくはレモネードやさん」

 3歳で小児がんを発症し、支援活動「レモネードスタンド」を続ける横浜市の小学6年栄島四郎君(12)が、治療を受けた埼玉医科大国際医療センター(日高市)に自作の絵本「ぼくはレモネードやさん」(生活の医療社)を贈った。

購読申し込み 携帯サイト