2019年12月20日(金)

東武線と東京メトロ日比谷線を直通運転、座席指定の列車「THライナー」運行へ 20年6月6日から

東武⇔メトロ座席指定列車 20年6月から運行

 東武鉄道と東京メトロは19日、東武線と東京メトロ日比谷線を直通運転する座席指定の速達列車を初設定し、来年6月6日から運転すると発表した。都心部への通勤、通学の速達性と利便性を高め、乗客の快適度向上を図る。

 座席指定の速達列車の名称は「THライナー」。車両は東武鉄道の「70000系」をベースに新造したロングシートとクロスシートの転換可能な「70090型」の7両編成。THライナーではクロスシートで運行予定で、設定席数は今後決める。

 運行区間は上りが東武線の久喜駅から日比谷線の恵比寿駅、下りは日比谷線の霞ケ関駅から久喜駅。停車駅は、東武線が東武動物公園、春日部、せんげん台、新越谷。日比谷線内は上野、秋葉原、茅場町、銀座、霞ケ関、虎ノ門ヒルズ(来年6月6日開業)、神谷町、六本木、広尾に停車する。

 乗降形態は上りが東武線内は乗車のみ、メトロ内は上野から銀座間は降車のみ、霞ケ関〜恵比寿間はフリー乗降となる。下りは日比谷線内が乗車のみ、東武線内は降車のみとなる。

 運転時間帯と本数は、平日上りが久喜発6時台と8時台の2本。下りは霞ケ関発18〜22時台に計5本。土休日は上りが久喜発8時台と9時台の2本、下りは16〜20時台に計5本予定する。具体的な運行時刻や乗車料金などは、決まり次第発表する。

購読申し込み 携帯サイト