2019年12月11日(水)

ヒートベアーズ、7人が入団会見 花咲徳栄高・上選手ら活躍誓う 角監督が激励「BCリーグで暴れて」

入団会見で記念撮影する(右から)上麗也外野手、梶栄斗外野手、日高太勢投手、畑木隆介投手、利光康介投手、川合翼投手、植田蒼投手=9日午後、熊谷市内

 熊谷市を本拠地とするプロ野球BCリーグの「埼玉武蔵ヒートベアーズ」(今井英雄社長)は9日、特別指名枠で入団した選手の記者会見を同市内で開き、上麗也外野手(18)=花咲徳栄高=ら7人が活躍を誓った。

 会見で上選手は「目標の選手は、ソフトバンクホークスの柳田選手。同じ外野手として憧れる。自分もフルスイングが持ち味なので、全力プレーで熊谷を盛り上げたい」と抱負を語った。

 ほかに入団したのは、静岡県出身の植田蒼投手(22)、東京都出身の川合翼投手(18)、神奈川県出身の利光康介投手(22)、和歌山県出身の畑木隆介投手(25)、宮崎県出身の日高太勢投手(18)、兵庫県出身の梶栄斗外野手(23)の6人。

 角晃多監督は「無限の可能性を秘めた選手たち。本人の努力しだいで野球人生の分岐点になる。来シーズン、BCリーグで思いっきり暴れてほしい」と激励した。

購読申し込み 携帯サイト