2019年10月25日(金)

LRT「東西交通大宮ルート」実現を 見沼区の団体、さいたま市に要望「片柳地区は公共交通の空白地域」

要望書を提出した「片柳東部公共施設整備協議会」と「片柳地区にLRTを導入する会」のメンバー=23日午後、さいたま市役所

 さいたま市見沼区の公共施設整備を求める「片柳東部公共施設整備協議会」(鈴木清理事長)と、「東西交通大宮ルート」実現を求める「片柳地区にLRTを導入する会」(長谷川和久会長)のメンバーは23日、清水勇人市長と渋谷佳孝市議会議長を訪ね、各計画の早期実現を求める要望書を提出した。

 「東西交通大宮ルート」は、大宮駅からさいたま新都心駅、浦和美園駅を次世代路面電車(LRT)などで結ぶ構想。街づくりが進む大宮駅周辺地区と浦和美園地区とのアクセスや利便性の向上などが期待されている。

 要望書には「加田屋地区市民農業公園」や「見山地区スポーツ公園」の整備、東西交通大宮ルートの早期実現とそれに伴う大宮駅周辺の街づくりなどが盛り込まれた。

 要望書を手渡した鈴木理事長は「一日も早い実現をお願いします」とあいさつ。長谷川会長は「片柳地区は公共交通の空白地域。不便地域の解消策として新たな公共交通の導入が必要とされている」と要望した。

 清水市長は「長年にわたり地域の課題を解決するため、さまざまなご提案をいただき、協議を進めていただいていることを感謝します」と述べた。渋谷議長は「皆さんの要望を実現できるよう機運を高めることが重要。一緒に頑張りたい」と応じた。

購読申し込み 携帯サイト