2019年8月5日(月)

列車にお化けが…列車がお化け屋敷に変身、秩父鉄道がひえひえ列車運行 秩父札所でお楽しみイベントも

昨年の「ひえひえ列車」の様子(秩父鉄道提供)

 秩父鉄道(本社・熊谷市)は24日、夏休み特別イベントとして、列車に乗りながらお化け屋敷を楽しむ「ひえひえ列車」を下り熊谷〜秩父駅間で運行する。

 イベント専用の特別臨時列車で、途中駅からお化けが登場し、特別臨時列車1両がお化け屋敷に変身。お化けが登場する駅はシークレットで、当日のお楽しみとなる。秩父駅到着後は、秩父札所16番西光寺でお楽しみイベントも開催。特別ヘッドマークを掲出し、秩父駅には「おばけパレオくん&パレナちゃん」も登場するほか、乗客には特別乗車記念証もプレゼントし、なくなり次第終了する。

 当日の午後4時から熊谷駅で先着100人に整理券を配布。同5時に熊谷駅を出発し、武川、寄居、野上、長瀞、皆野駅を経て、同7時10分に秩父駅に到着する。乗車券が必要で、参加費は無料となる。

 問い合わせは、秩父鉄道企画部(電話048・523・3313)へ。

購読申し込み 携帯サイト