2019年7月29日(月)

東日本最大級の規模、蓮田SAオープン 商業施設も開業、SA外部からも利用可 埼玉、東日本の拠点に期待

完成を祝い行われたテープカット=28日、東北道新サービスエリア

 蓮田市川島に新たに完成した東北自動車道蓮田サービスエリア(SA)上り線が29日午後1時にオープンするのを前に28日、完成式典が開かれた。同SAは現在の位置から約2・5キロ岩槻インターチェンジ(IC)寄りの場所に新たに建設、整備された。商業施設「Pasar蓮田(パサール蓮田)」とともに開業する。

 新SAは東日本で最大級の規模。都心に近いSAで、災害拠点としての機能を持つ。SA外部からも商業施設を利用することが可能。地元の農産物を販売するなど、地域活性化にも期待がかかる。

 今後、既存のSAが新SA下り線として整備される予定。既存SAに設置されているスマートICは今後も利用可能。新SA整備に伴い、上り線の出口、下り線の入り口を加えたフルインター化を目指す。

 式典では、東日本高速道路の岡本圀衛会長が「東日本最大級で利便性、安心、安全を兼ね備えた施設」と紹介。上田清司知事は「素晴らしい空間ができた。埼玉、東日本の拠点として大きく発展してほしい」、中野和信蓮田市長は「市の知名度やブランドを上げる、情報発信のための大きな施設」と期待を寄せた。

購読申し込み 携帯サイト