2019年7月17日(水)

入院患者36人が食中毒…春日部中央総合病院 肉豆腐、酢の物など食べ ウエルシュ菌を検出

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 県は16日、春日部市の春日部中央総合病院で、給食を食べた40〜90代の入院患者36人が下痢などの症状を訴え、うち19人と調理従事者1人からウエルシュ菌を検出したと発表した。いずれも快方に向かっている。病院の給食が原因の食中毒と断定し、食品衛生法に基づいて18日までの3日間、給食停止を命じた。

購読申し込み 携帯サイト