2021年12月9日(木)

東京ドーム6個分の広大さ…東芝・深谷事業所の跡地、約半分を大和ハウスに売却へ 残り半分の売却急ぐ

解体作業が進む東芝深谷事業所跡地=4日、深谷市幡羅町1丁目

 東芝が9月末に閉鎖した深谷事業所(深谷市)の跡地の約半分について、大和ハウス工業に売却する契約を結んだことが8日までに分かった。契約日は10月20日付で、金額規模は不明。同市の製造業のシンボル的存在だった同事業所の広大な土地の活用は、売却を含め動向が注目されていた。東芝の広報担当者は取材に「売却するのは事実」と回答。大和ハウスの広報担当者は「当社からのコメントは控えさせていただきたい」とした。

購読申し込み 携帯サイト