2021年11月19日(金)

<新型コロナ>訪問先に…介護職が感染、濃厚接触者など調査 ワクチン2回接種の男女ら、埼玉で12人感染

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 埼玉県などは19日、新たに12人の新型コロナウイルス感染を確認したと発表した。前週の同一曜日を上回った。感染者の内訳は県発表が4人、さいたま市2人、川口市0人、川越市6人、越谷市0人。

 これまでに確認された感染者は11万5770人(チャーター便帰国者含む)、死者は1055人(19日午後6時現在)。

 19日夜時点の重症者は8人、感染者の入院は64人、宿泊療養11人、自宅療養23人。退院・療養終了は11万4605人。

 県によると、県管轄で詳細が判明したのは10〜70代の男女4人。うち10代男性、70代女性はワクチン2回接種済みだった。それぞれ発熱や喉の痛みを訴えているが、軽症という。

 さいたま市によると、感染が判明したのは30代女性と20代男性の2人。30代女性は市内の訪問看護ステーションの介護職。訪問先の女性が既に感染していた。市保健所が濃厚接触者などを調査する。

 川越市によると、感染が判明したのは、10〜80代の男女6人。

購読申し込み 携帯サイト