2021年11月2日(火)

<高校駅伝>埼玉県予選、男女とも埼玉栄V 3年ぶり21度目の男女制覇 男子は5年連続、女子は3年ぶり

男子で優勝した埼玉栄のアンカー吉田黎(右)と女子で頂点に立った埼玉栄のアンカー前田=1日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝県予選(埼玉新聞社など後援)は1日、熊谷スポーツ文化公園陸上競技場および周辺の特設コースで行われ、男女とも埼玉栄が頂点に立った。

 男子は2時間5分59秒で5年連続40度目の優勝、女子は1時間11分9秒で3年ぶりの25度目の栄冠。同校の男女制覇は、3年ぶり21度目となった。

 男子の2位は東農大三、3位には武蔵越生が続いた。女子の2位は昌平、3位は本庄第一だった。男女とも埼玉栄が全国高校駅伝(12月26日・京都)に出場する。

購読申し込み 携帯サイト