2021年10月31日(日)

<高校駅伝女子展望>豊富なタレント、昌平に安定 力備える本庄第一、埼玉栄、本庄東が追う 1日号砲

5年連続の都大路出場へ挑む女子の昌平

 男子第72回、女子第33回全国高校駅伝県予選(埼玉新聞社など後援)は11月1日、男子64校、女子42校が参加して開催される。熊谷スポーツ文化公園陸上競技場および周辺の特設コース(男子=7区間42・195キロ、女子=5区間21・0975キロ)で行われ、号砲は男子10時、女子13時30分。男女共に優勝校が全国高校駅伝(12月26日・京都)、上位6校が関東高校駅伝(11月20日・栃木)の出場権を獲得する。都大路の切符を懸けての熱戦。男女の見どころを探る。

購読申し込み 携帯サイト