2021年9月19日(日)

堀江翔太選手ら落成式典でテープカット 埼玉パナソニックの本拠地、熊谷に完成 宿泊棟などを整備

さくらオーバルフォートの落成記念式典でテープカットを行う富岡清市長(右から4人目)や堀江翔太選手(左から2人目)ら関係者=18日、熊谷市上川上のさくらオーバルフォート

 県ラグビー協会は18日、2019年にラグビーワールドカップ(W杯)が開催された熊谷ラグビー場(熊谷市上川上)のある熊谷スポーツ文化公園内に建設を進めていた新施設「さくらオーバルフォート」の完成に伴い、同施設で落成記念式典を開催した。

 さくらオーバルフォートはラグビーチームの「埼玉パナソニックワイルドナイツ」の熊谷への本拠地移転に伴い、同協会が建設を進めていた施設。チームのクラブハウスが入る管理棟や屋内運動場、グラウンド、ホテル「熊谷スポーツホテル パークウィング」が入る宿泊棟を整備した。総工費は34億9千万円。

 来賓として大野元裕知事がビデオメッセージを寄せ、日本ラグビー協会の浅見敬子副会長が祝辞を述べた後、グラウンドで同県協会会長の富岡清熊谷市長やワイルドナイツの堀江翔太選手(35)らも参加し、テープカットが行われた。

購読申し込み 携帯サイト