2021年5月4日(火)

「きれいで立派」と笑顔 クジャクが羽を広げる季節に さいたまの神社で飼育、参拝客の目を楽しませる

見事な羽を広げるクジャク

 さいたま市岩槻区宮町の久伊豆神社で飼育しているクジャクが美しい羽を広げる季節となり、参拝客の目を楽しませている。現在、17羽のクジャクがおり、羽を広げるのは雄の求愛行動。春から初夏に見られるという。

購読申し込み 携帯サイト