2021年2月28日(日)

秩父鉄道、令和3年3月3日記念乗車券を発売 裏面には3の付く車両写真を使用 売り切れ次第で終了

令和3年3月3日記念乗車券

 秩父鉄道(本社・埼玉県熊谷市)は令和3年3月3日に3が並ぶことを記念し、「令和3年3月3日記念乗車券」を同日から発売する。

 同乗車券は3の形の硬券3枚で特製台紙付き。価格は980円で、羽生、熊谷、寄居、長瀞、秩父、御花畑、三峰口の各駅窓口や通信販売「ちちてつe−shop」で発売する。期間は4月4日までだが、売り切れ次第で終了する。

 発売区間である小前田から浦山口(大人800円区間)の駅間の距離は33・3キロ、ソシオ流通センターから熊谷(小児90円区間)と石原から大麻生(小児90円区間)の駅間の距離は3・3キロ。券面裏面には車両番号に3の付く車両の写真を使用している。

 3月3日は駅窓口で発売している硬券乗車券の日付印も和暦表記に変更する。

 問い合わせは、秩父鉄道運輸部運輸課(電話048・523・3822)へ。

購読申し込み 携帯サイト