2020年11月23日(月)

<新型コロナ>経済と健康、優先はどちら さいたまで意識調査、健康優先が73% 年代別では

新型コロナウイルスへの社会対応

 埼玉大学社会調査研究センターが、さいたま市民を対象に定例で行っている2020年政治・選挙に関する意識調査の結果がまとまった。新型コロナウイルスへの対応について、経済と健康のどちらを優先すべきか問うたところ、「どちらかといえば」も含め、健康優先が73%に上った。経済優先は26%。ただし年代別でみると、健康優先は60代以上で8割を超える一方、18〜29歳と40代は経済優先が4割超を占めるなど、健康優先は「若低・老高」の傾向が示された。

購読申し込み 携帯サイト