2020年10月31日(土)

東武東上線・みなみ寄居、31日開業 ホンダ寄居工場への最寄り駅、副駅名は「ホンダ寄居前」

到着した臨時列車と記念撮影する関係者=30日午前、寄居町の新駅「みなみ寄居」

 東武鉄道が寄居町富田に建設を進めていた東武東上線の新駅「みなみ寄居」の開業に先立ち、記念式典が30日、同駅で行われた。31日に開業する。

 東武鉄道では3年ぶり、東上線では滑川町の「つきのわ駅」以来、18年ぶりの新駅になる。寄居町南側に位置する同町では31年ぶり、9カ所目の駅で東武竹沢駅―男衾駅間に開設。ホンダ寄居工場への最寄り駅として、ホンダの国内外の関係者が多く利用することが予想され、副駅名を「ホンダ寄居前」にした。

 式典で東武鉄道の高野寿久執行役員は「皆さまが暮らしやすい沿線、人々が引き付けられ、活気あふれる沿線をつくるための取り組みを進めたい」とあいさつ。ホンダは2021年度に狭山工場を寄居工場に集約する。ホンダ埼玉製作所の大江健介所長は「寄居工場がホンダとして新たな国内四輪生産拠点として生まれ代わり、従業員数、事業規模も大きく変化する」とアピールした。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み