2020年8月6日(木)

埼玉県民2400人減 20年前後にピーク迎え、減少に転じるか コロナ影響など一時的な減少の可能性も

県庁=さいたま市浦和区高砂

 総務省が5日発表した住民基本台帳に基づく人口動態調査によると、今年1月1日時点の国内の日本人は1億2427万1318人で、前年から50万5046人(0・40%)減った。マイナスは11年連続で、減少数、減少率とも過去最大。都道府県別に見ると埼玉、千葉がマイナスに転じ、これまでで最も多い44道府県で人口が減少。増えたのは東京、神奈川、沖縄の3都県だけで、偏在がさらに際立った。埼玉県は2400人減の719万7793人。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み