2020年4月11日(土)

<新型肺炎>大宮のアパホテル、入院できない軽症者受け入れ 県が打診 看護師が常駐、日中は医師も

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 新型コロナウイルスの軽症や無症状患者約127人(10日午後7時時点)が入院できず自宅待機となっている問題で、県は10日夜、「アパホテルさいたま新都心駅北」(さいたま市大宮区)で受け入れを行うと発表した。同ホテルは2棟で223室。可能な限り多くの患者が滞在できるよう、県は人員配置などの調整を進めている。

購読申し込み 携帯サイト