2019年9月18日(水)

埼玉のソウルフード・スタミナラーメンが看板メニュー、さいたまの「娘娘」 閉店するも「風雅食堂」で復活

ピリ辛の特製ラー油が効いたスタミナラーメン
風雅食堂の厨房(ちゅうぼう)に立つマスターの平井さん(左)と直子さん=さいたま市桜区

 埼玉のソウルフードとも呼ばれるスタミナラーメン。豚のひき肉とニラのピリ辛あんかけが麺を隠すほどたっぷり掛かっている。さいたま市内を中心に上尾市などで「娘娘(にゃんにゃん)」や「漫々亭」という名のお店で提供されている看板メニュー。もともと約40年前、青森の同じ中学校出身者を中心にさいたま市内でやっていた店から独立した。味は各店ごとに違いがあり、それぞれの常連客らでにぎわっている。

購読申し込み 携帯サイト

購読申し込み