2019年6月6日(木)

秩父・三峯神社、参拝にペット連れは控えて 一部の参拝客の心ない振る舞いで… 盲導犬などの補助犬は可

大勢の参拝客でにぎわう本殿前。参拝客の中にはペット同伴で訪れる人もいた=昨年1月、秩父市三峰の三峯神社

 「お犬様(オオカミ)」と呼ばれる「御眷属(ごけんぞく)信仰」で知られる秩父市三峰の三峯神社は4日、7月1日からペット連れの参拝客は境内への立ち入りを控えてもらうと発表した。

 三峯神社は日本武尊(ヤマトタケルノミコト)がイザナギノミコトとイザナミノミコトを祭ったのが始まり。道案内をしたのがオオカミとされ、勇猛さや忠実さから神社の使い神に定められたと伝わる。近年は「関東最強のパワースポット」と呼ばれるなど、幅広い世代から人気を集める。

 三峯神社によると、長年にわたり境内へのペット同伴は黙認してきた。だが、「一部の方の心ない振る舞いにより信仰の場としての尊厳維持が困難になりかねない事態が起きた」などとして、熟慮を重ねた結果、盲導犬などの補助犬を除き、境内へのペット同伴の立ち入りを控えてもらうことを決めたという。

購読申し込み 携帯サイト