2019年4月16日(火)

ラーメン店で食中毒、8人が症状…1人が入院 サルモネラ属菌を検出 川越市、店を営業停止に

川越市役所=川越市元町

 食中毒を発生させたとして、川越市は14日、川越市砂新田のラーメン店「nibo」を同日から3日間の営業停止処分にした。

 市によると、6日に同店でラーメンなどを食事した15〜37歳の男性計8人が7日に下痢や発熱などの症状を訴え、うち1人が入院。医療機関からの連絡を受けた市保健所が調査したところ、患者と従業員の便からサルモネラ属菌が検出された。入院した男性は現在は退院し、快方に向かっているという。

購読申し込み 携帯サイト