2022年1月13日(木)

<新型コロナ>埼玉の感染54倍の急拡大…対応に追われる「大波が来た」 発熱など症状ある人、外出控えて

患者急増に備えた県の体制を発表する大野元裕知事=12日午後、県庁

 新型コロナウイルスの再拡大や変異株「オミクロン株」の急拡大を受け、大野元裕知事は12日の定例会見で、自宅療養者の健康観察を3万2千人まで対応できるようにしたり、保健所体制の強化など患者急増に備える方針を明らかにした。大野知事は「オミクロン株の市中感染が疑われる事例も多く報告されており、もはや県全域でオミクロン株の感染拡大が起こっている。第6波と考える」と、昨夏の「第5波」を超える勢いで感染者が増えており、改めて感染防止対策を呼び掛けた。

購読申し込み 携帯サイト