2021年9月11日(土)

ムーミンとコラボしたテントも 本場フィンランドのサウナ、埼玉・飯能に再現 湖畔のアウトドアサウナぜひ

飯能の自然の中でサウナを楽しめるアウトドアサウナ=飯能市メッツァビレッジ
テントやトレーラー内では、薪ストーブの上で熱せられた石に水をかけて発生する熱波で身体を温めることができる=飯能市メッツァビレッジ
敷地内にはプールも用意されている=飯能市メッツァビレッジ
ムーミンスペシャルルーム=越生町の複合型リゾート施設「BIO−RESORT HOTEL&SPA O Park OGOSE(オーパークおごせ)」(温泉道場提供)

 県内で北欧気分を満喫して―。飯能市や越生町では、フィンランド式のアウトドアサウナイベントの実施や、ムーミンとコラボレーションしたドームテントが誕生するなど新たな観光スポットが登場している。

 自然の中でサウナを満喫する本場フィンランドのサウナを再現したアウトドアサウナのイベントが行われているのは、飯能市のメッツァビレッジ内。宮沢湖の湖畔に設置されたフィンランド製のテントサウナやサウナトレーラーの室内では、薪ストーブの上で熱せられた石に水をかけて発生する蒸気の熱波で身体を温めることができるようになっている。湖畔には、身体を冷やすためのプールや休ませるためのチェアも用意され、温冷交代浴を通して「ととのう」ことのできる環境が自然の中に出現している。

 11月28日まで行われるため、紅葉シーズンには、赤や黄色に色づいた木々と湖の風景を楽しむこともできるアウトドアサウナ。「自然の中でサウナを満喫することができる場所は県内ではなかなかない」と語るのは、イベントを開催する温泉道場の事業本部統括支配人の新谷竹朗氏。フィンランド大使館公認のフィンランドサウナアンバサダーも務める新谷氏は、「フィンランド式サウナの良さを多くの人に知ってもらうきっかけになれば」と力を込める。

 ムーミンスペシャルルームを有するドームテントが誕生したのは、越生町の複合型リゾート施設「BIO−RESORT HOTEL&SPA O Park OGOSE(オーパークおごせ)」。同施設を運営する温泉道場(本社=越生町)とムーミン物語(本社=飯能市)が運営する飯能市のムーミンバレーパークがオフィシャル契約を締結し、実現した。

 冷暖房完備の快適な環境の中で、ムーミンのアイテムや雑貨に囲まれた空間が広がるテント内。温泉道場は「ムーミンバレーパークの世界観に浸れる宿泊体験を楽しんでほしい」と呼び掛けている。

=埼玉新聞WEB版=

購読申し込み 携帯サイト