2021年7月29日(木)

<新型コロナ>埼玉で864人感染、1人死亡 会食で11人、接待伴う店では8人 2日連続800人超

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 埼玉県などは29日、新型コロナウイルスに感染した80代男性1人が死亡、新たに864人の感染を確認したと発表した。感染者が800人を超えたのは2日連続。感染者の内訳は、県発表が524人、さいたま市188人、川口市72人、川越市40人、越谷市40人。

 これまでに確認された感染者は5万5054人(チャーター便帰国者含む)、死者は848人(29日午後7時現在)。

 29日午後9時時点の重症者は52人、感染者の入院は919人、ホテル療養583人、自宅療養2963人。退院・療養終了は4万8205人。

 県によると、県管轄で29日に詳細が判明したのは未就学児〜90代の男女429人。会食で20〜50代の男女11人、接待を伴う飲食店では8人が感染したとみられる。また、ワクチン接種済みの高齢者3人が感染した。

 県感染症対策課は「この先もお盆の時期を迎えるなど、人流が増えることが予測できる。自衛の心で感染防止に協力してほしい」と呼び掛けた。

 さいたま市によると、感染が判明したのは10歳未満〜80代の男女188人。中等症は2人。年代別では20代56人、30代37人、40代33人、50代26人と全体の約8割を占めた。40代女性は緑区健康福祉部の職員。医療職の40代女性は2回のワクチン接種を受けていた。

 川口市によると、10歳未満の未就学児童〜80代女性の72人の感染を確認、過去最多を更新した。重症者はいない。20代が24人で3分の1を占める。また、ワクチンを2回接種済みが1人、1回が4人だった。

 川越市によると、10〜70代の男女40人の感染を確認した。

 越谷市によると、感染が判明したのは10代未満〜60代の男女40人。うち自営業の40代男性が中等症で入院している。

購読申し込み 携帯サイト