2021年7月26日(月)

<高校野球>覇を競う埼玉・私学の両雄、直接対決は浦和学院に軍配 ここ一番での集中力でライバルしのぐ

浦和学院―春日部共栄 7回表浦和学院1死二、三塁、金田が中前2点適時打を放つ。捕手石崎=県営大宮
埼玉県大会5回戦以降の組み合わせ

 埼玉高校野球界で長年にわたり、覇を競ってきた浦和学院と春日部共栄。2017年の第99回大会準決勝以来となる、私学の両雄による夏の直接対決は、浦和学院に軍配が上がった。

購読申し込み 携帯サイト