2021年7月24日(土)

<高校野球>浦和学院―立教新座、24日準々決勝見どころ 打力あるチーム同士、先制点が勝敗の鍵

伸びのある直球と長打力を備え、投打の軸となる浦和学院の吉田匠
5回戦以降の組み合わせ

 第103回全国高校野球選手権埼玉大会は24日、県営大宮とレジデンシャルスタジアム大宮で準々決勝4試合を行い、4強が決まる。5回戦で6連覇を狙ったAシード花咲徳栄とBシード上尾が敗れる波乱があった。一方で、Aシード浦和学院、Bシード昌平などが順当に勝ち上がり、ノーシード星野は初の8強入りを決めた。甲子園の出場切符まであと3勝。終盤戦に突入する準々決勝の見どころを探った。

購読申し込み 携帯サイト