2021年6月28日(月)

<新型コロナ>学級閉鎖…さいたまの小学校で 埼玉85人感染、複数人と会食も 8日連続で前週を上回る

埼玉県庁=さいたま市浦和区高砂

 埼玉県などは27日、新型コロナウイルスの感染者を新たに85人確認したと発表した。26日に続き感染者数は2桁となったが、8日連続で前週の同じ曜日の感染者数を上回った。感染者の内訳は、県発表46人、さいたま市18人、川口市17人、越谷市4人。

 これまでに確認された感染者は4万6185人(チャーター便帰国者含む)、死者は830人(27日午後7時現在)。

 27日午後9時時点の重症者は14人、感染者の入院は290人、ホテル療養290人、自宅療養221人。退院・療養終了は4万4329人。

 県によると、県管轄で27日に詳細が判明したのは10歳未満〜80代の男女46人。そのうち20代と40代の男女2人は複数人での会食が原因とみられるという。朝霞市在住の50代男性は国家公務員、新座市の40代男性は地方公務員で、ともに勤務先は県外。

 さいたま市によると、感染が判明したのは未就学児の10歳未満〜80代の男女18人。このうち80代女性は、クラスター(感染者集団)が発生している介護施設「ケアサポートおおみや」(大宮区天沼町)の利用者。10歳未満の男子児童が通う市内小学校では、学級閉鎖にし感染状況を調査している。

 川口市によると、感染が判明したのは未就学児の10歳未満〜60代の男女17人。

 越谷市によると、感染が判明したのは20〜50代の男女4人。このうち20代男性は松伏町の住民。

 川越市の感染者の確認はいなかった。

購読申し込み 携帯サイト