2021年6月5日(土)

<新型コロナ>さいたま市、集団接種2会場の予約を受け付け 大規模会場の開設を予定、複数箇所で準備

さいたま市役所=さいたま市浦和区常盤

 さいたま市は3日、区役所以外で行う一般高齢者対象の集団接種会場スケジュールを発表した。会場は高等看護学院(緑区三室)、産業振興会館(北区日進町)の2カ所で、予約は共に5日午前9時から受け付ける。

 市コロナウイルスワクチン対策室によると、1回目の接種日は高等看護学院が6月19、20、7月3、4日、産業振興会館が6月25、26日。時間は午前9時〜同11時半、午後1時半〜同4時(20日は午後のみ)。1回目の接種者は原則3週間後に同会場・同時間帯で2回目の接種となる。1回の接種で2回目も自動的に予約ができる。予約枠は6日間で計1308人分。

 高齢者の集団接種は今月19日から全10区役所で始まる。区役所以外では、民間会場がイオン大宮西店や芝浦工業大学大宮キャンパスなど4カ所、公共施設が見沼グリーンセンターなど4カ所で調整を進めている。

 市はワクチン接種予約の相談件数(先月31日現在)について、全10区役所で8028件、公民館など11館で478件、図書館10館で614件あったと発表した。市民から電話がつながらないなど苦情も多く、現在はコールセンターの166回線を200回線に増やして対応している。

 また市は6月中をめどに、大規模接種会場の開設を準備していると明らかにした。県が1日、県浦和合同庁舎(浦和区)に開設した接種センターよりも大きな規模を想定し、市内の複数箇所で開設を予定する。平日、土日にかかわらず、毎日接種できる体制を目指し、調整を進めている。

 清水勇人市長は3日の定例会見で「交通の利便性が良く、屋内、屋外含めて大規模接種ができる環境を選定し、できるだけ早く発表したい」と述べた。

購読申し込み 携帯サイト