2021年3月2日(火)

そごう川口店が閉店 川口駅前の顔、最後のにぎわい 別れ惜しむ人3万人が来店、人の流れ止まらず

そごう川口店の前の歩行者デッキは終日、別れを惜しむ人の波が消えなかった=2月28日、埼玉県川口市

 埼玉県川口市のJR川口駅前の顔として約30年、市民に親しまれたそごう川口店が2月28日、閉店した。最終日は同店の発表では前年同日に比べ来店数、売り上げともに約3倍を記録。来店客らは3万人超となり、最後のにぎわいを見せた。

 エスカレーター前では「2列でお乗りください」「立ち止まらないでください」と警備員が繰り返した。店の前の川口駅に通じる歩行者デッキは終日別れを惜しむ人の流れが止まらなかった。

 10階のレストラン街の一角では壁にお客さんたちがメッセージカードを張った。「いい思い出をありがとう」「29年間ありがとう。川口そごう忘れません」

 午後7時半すぎ、船場俊行店長ら幹部4人が「ありがとうございました」と言って頭を下げ続け、白いカーテンが引かれ、文字通り幕を閉じた。

購読申し込み 携帯サイト